共通:血流の周りの改善3ステップ

どうやって血流の巡りを改善し、痛みやしびれなどを改善へ導くの?

STEP1 脳・脊髄の体液の循環を促し、血流の改善を促します。

体液とは大きく分けて3つ。①血液、②リンパ液、③脳脊髄液という脳と脊髄の活動の元となり、保護している液体があります。

特に脳脊髄液は脳の活動の栄養源で、循環が滞ることで、人間にとって最も重要である「脳」にとって良くない環境で生活していることになります。

そうなると、脳がうまく働かないために、脳からカラダの隅々まで行き渡っている神経への司令伝達の働きが悪くなります。

脳の底部分にある小さな下垂体はホルモンの司令塔ですから、カラダの多くの内分泌臓器のホルモン産生と分泌を担っているのにうまく働かず、さらに、自律神経を調整してる脳の中枢である脳幹も正常に働かなくなります。

そのため、痛みシビレがある箇所の細胞の修復のために必要な「血液(酸素)運搬の命令」もうまくいかないという悪循環に陥りますが、そこを施術によって滞っている脳脊髄液の流れを調整すると、血液とリンパ液の流れも良くなり、そのカラダを脳に覚えこませ、安定させることで歪み、炎症、シビレといった症状を改善へ向かわせます。

この3つの体液がしっかり流れることで、約60兆もの細胞で構成されるカラダ一つ一つの細胞の新陳代謝がきちんと起こり、カラダは自然治癒力を最大に発揮するのです。

STEP2 弱った内臓を施術し、本来の姿に戻します。

「内臓を施術」と言われると「え?何か怖い!」と思われるかもしれませんが、わずか5グラム程の圧力で、トントンと軽い刺激を送る施術なので、痛さは伴いません。安心して下さい。

内臓の疲労は実は体の不調と繋がっており、肝臓なら「右肩、右首、右腕」腎臓なら「腰から背中の下部」とつながっている筋肉が硬くなります。

また、内臓には定位置があり、健康的な生活を送っていれば定位置のままですが、ストレスが多く自律神経が乱れたり、食生活が乱れたりすると、定位置から少し動きます。

そうなると、本来それでバランスを取っていた筋肉が引っ張られ、コリが発生し、今まで気にならなかった肩こりや腰痛などが起こり、「え?今まで痛むことなんてなかったのに…?」と悩まされている人も多くおられました。

それを施術によって本来の位置に戻るように調整し、根本から体を良くしていくのです。

STEP3 自律神経を整え、脳の緊張を緩めます。

身体の司令塔である自律神経が乱れていると、結果的に免疫力が落ち、自然治癒力が下がりますので、食生活の乱れや運動不足などで生まれた症状も自然回復しにくくなります。

特に食事や運動不足に気をつけていたとしても、普段から強いストレスを感じていると、自律神経の乱れから予期せぬ症状を引き起こすことがあります。

自律神経は主に頭蓋骨の中にある脳から脊椎に存在しますので、そこを優しく施術することで、神経伝達、ホルモン伝達、血の巡りが改善し、歪みや炎症、シビレといった症状が改善へ向かいだし、血の巡りが良いまま生活していくことで、痛みのない状態へと向かい始めるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

営業案内

四天王寺カワカミ整体院

住所
〒543-0051
大阪市天王寺区四天王寺1丁目12-28 ラシーヌ夕陽ヶ丘ビル5F
交通
大阪メトロ谷町線・四天王寺前夕陽ヶ丘駅 4番出口より徒歩30秒
TEL
06-6777-3212

定休日:水曜日 / 木曜日 ※日曜日・祝日は17時まで

受付時間 祝日
10:00〜21:00 × ×

〒543-0051大阪市天王寺区四天王寺1丁目12-28 ラシーヌ夕陽ヶ丘ビル5F

詳しい道順を見る