スタッフ紹介

院長:川上健史郎

院長:川上健史郎

出身地
大阪府守口市
資格
柔道整復師(国家資格) / 自律神経整体師 / コアコンディショニングトレーナー
趣味・ハマっていること
うまいカレー屋巡り(院の並びにある虹の仏がイチバン) / 観葉植物

夢中になりこの仕事をするキッカケになったバスケットボール

夢中になりこの仕事をするキッカケになったバスケットボール

僕は子供の頃からカラダは強くありませんでした。
呼吸器系に弱りがあり、入院を繰り返したりして、体力をつけるために小学生になると水泳スクールに通い、小学4年からは大好きなバスケットボールをしていました。

中学時代はバスケット一本に。
先輩が全国大会でベスト16となり、それに続けと毎日休みない朝練から夜遅くまでのハードな練習で、
腰に痛みを中学2年にはじめて感じました。

周りから「生真面目」と言われ続けてた僕は、「休ませてください」と言えず、痛みをガマンし続けてどんどん悪化し、練習中に足の強烈なシビレで歩けなくなり、仲間に担がれて病院へ運ばれました。
検査の結果は「腰椎椎間板ヘルニアと腰椎分離症(腰の疲労骨折)」

「もう試合に出れないのか、いつ復帰できるのか.」
「高校でもバスケをしたいのに、もう出来ないのか..」

中学3年の夏、どうしようもない不安で押しつぶされそうになりました。

その際に、治療院に通いはじめ、いつもニコニコ明るく話をしてくれる先生に沈んだ気持ちを支えられていました。
「大丈夫、何とかなるから、あまり心配せんように」といったような言葉をよくかけられた事を覚えています。

お陰様で、高校入学前には症状も気にならずバスケットが出来るまでになり、
高校3年間は痛みも全く気にならずプレーでき、近畿大会に出場することができました。

最後の大会が終わり、進路について考えた時、自分も「助けてくれた治療院の先生になりたい」とそれほど迷わず、自然と心は決まっていました。

「半年後の生存率は50%。覚悟が必要です」と言われた原因不明の病気との出会い

人を施術する仕事を選んだのは、
自分自身が「腰椎椎間板ヘルニア」と「腰椎分離症」を経験し、治療院で助けられたのが理由です。

価値観が変わったことは、柔道整復師の国家資格を取得後、雇われ院長をしていた26歳の時、急激に体調を崩し、限界を感じて病院へ。

検査の結果、原因不明の病気で「半年後の生存率は50%。覚悟が必要です」と医師に告げられました。

学生時代のバスケットボール、充実していた治療院での仕事、、、

「何で俺がこんなことに…俺なんかしたか…?」と悔しさと不安でどうにかなりそうでした。

その度にメンタルがやられました。正直辛かったです。
「あれがなければ今頃俺は、、、」何度そう思ったかわかりません。

治療家人生にとって必要だった「腰椎分離症」「原因不明の病気」

治療家人生にとって必要だった「腰椎分離症」「原因不明の病気」

でも、全て乗り越えた今。
「あの経験があってよかった」そう思えています。

僕の治療家人生に必要だったと思うからです。「健康のためには何が必要か?より真剣にカラダに向き合うようになったのはもちろん。そして、これから僕が出会うクライアントさんの悩みを誰よりも理解し、寄り添う治療家になる」そう強く決心できたからです。

原因不明の病気を乗り越えて、7ヶ月後に仕事復帰した後。不思議なことに、今までみたことなかった疾患、症状で悩む方が僕の所に来られるようになりました。

「原因ははっきりないからストレスでしょう。薬で様子をみていくしかないですね。」と病院で言われた自律神経失調症、不眠、めまい、耳鳴り、うつ、頭痛、電車に乗れない、パニック障害、潰瘍性大腸炎、学校へ行けない起立性調節障害、生理痛、婦人科トラブル、動機、慢性腰痛・肩こり・首こり、、。

「薬が効かんかったら、手術しかない」と言われたヘルニアや脊柱管狭窄症、腕や足のシビレ、バネ指、手根管症候群、変形性膝関節症、、、。などなど。

もしかしたら、他の医療機関や整骨院・整体院なら、「様子を見ましょう」とか「完全な改善は難しい」と言われるかもしれません。

でも、僕自身の辛かった原因不明の病気を乗り越えられたからこそ、どんなに苦しまれた症状でも「大丈夫ですよ」と言えますし、患者さんにしっかり寄り添って一緒に良くしていこうと強く思えるのです。

当時はメンタルがやられてしまいとても辛かったですが、その経験が今とても活きていると感じています。

治療家になって最も印象的だったS君の話

印象的なことといえば、中学3年生の強豪チームのサッカー部で活躍していたS君が僕の所にやって来たことです。

「息子は腰椎分離症でコルセットもリハビリも何ヶ月もかけてやって来たのですが、痛みでサッカーができないんです」

とお母さんに、暗い表情で連れられて来ました。

僕が経験した状況と部活は違えどほとんど同じ状況。僕は「絶対大丈夫やから、何とかするわな」と彼に伝えました。

結果、僕の言う事を全て守ってくれて、驚くほど早く回復し、痛みも不安もなくプレーできるまでになってくれました。

彼の最後の大会に応援しに行き、フル出場し勝利後、お母さんから「川上先生に出会うまで、息子はサッカーをあきらめていました。サッカーを辞めると言った時は二人で泣きながらもめたこともありましたけど、高校の推薦入学も決まって、本当にありがとうございました」と、応援席で伝えられた時には涙が出そうになりました。

この仕事をしていて、良かった。
これからもこんな瞬間に出会えるように、施術に取り組みたい、自分を高めたいと強く思いました。

最も印象的なことになります。

「絶対に良くなります、大丈夫」という想い

「絶対に良くなります、大丈夫」という想い

僕は、あなたにちゃんと寄り添う準備はできています。

「絶対に良くなりますよ」と言ってはいけないと思いますが、「絶対に良くなります、大丈夫」という想いで施術に当たります。

きっとあなたは今までいくつもの治療院や病院をまわって、あらゆる治療や薬を試したけど、改善せず、不安でたまらないはずです。

5年、10年、中には20年も症状を抱えて、悩み続けて、薬を飲み続けてきた。いろんな治療を試した。

「けど、よくならない。このまま一生薬飲み続けて、増えていって私のカラダ本当に大丈夫なの?」
「病院へ行っても、パソコンのデータだけみて薬を出されるだけの繰り返し」
「何時間も待って、診察時間は数分。ちゃんと私をみてもらっている気がしない」
「症状とデータじゃなくて、私をみて欲しい。。けどそんなこと、忙しそうなお医者さんにとても言えない。」
「骨盤の矯正やマッサージや最新の電気治療や鍼灸を受けて来たけど、、もうずっと付き合うしかないのかなと思ってます」

こんな悩みを持って、僕の所に来てくれる方がほとんど。

そんな辛い思いを長年してきて、誰に頼ればいいかわからない。

頼れる人がいない。この気持ちを話せて、聞いてくれて、わかってくれて、私をちゃんとみて、寄り添ってくれる人がいない。

長年苦しんでいる、あなたの求めるその人に僕はなる。

そんな想いを持って、この治療院をはじめる決意をしました。

「だいじょうぶですよ、血の巡りが良いカラダに変われば、あなたのカラダは良くなりますから」

営業案内

四天王寺カワカミ整体院

住所
〒543-0051
大阪市天王寺区四天王寺1丁目12-28 ラシーヌ夕陽ヶ丘ビル5F
交通
大阪メトロ谷町線・四天王寺前夕陽ヶ丘駅 4番出口より徒歩30秒
TEL
06-6777-3212

定休日:水曜日 / 木曜日 ※日曜日・祝日は17時まで

受付時間 祝日
10:00〜21:00 × ×

〒543-0051大阪市天王寺区四天王寺1丁目12-28 ラシーヌ夕陽ヶ丘ビル5F

詳しい道順を見る